スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のインライン日記

今日は長良川の尚子ロードで○○さんの新兵器を履いてリンク3周。
距離にして約500m(笑

滑ったのはこれだけですけど今日はジョギングしたのです。尚子ロード2往復。

走ってみると意外に長いのね。尚子ロードって。

ここから○○さんの新兵器の感想。

新兵器ってのはNIKEさんのところで紹介されてます。

アジア人がアジア人向けに作ったブーツなので甲高で幅広に作ってあります。

僕が履いたことのあるストックブーツでは1番足に合う。

これからレーシングブーツ買おうと思ってる人にはお勧め。

自分はカスタムブーツを持っているので買わない(165mmピッチはね)。
今195mmピッチのブーツに興味があるんでこのブーツの195mmピッチを買ってもいいかなっと。

でも3pointにも興味があるしねぇ。
今はストックブーツが欲しいんだよねぇ。カスタムは良くも悪くも足の形になるんです。
説明が難しいんだけど軸がずれちゃうとかあるんですよカスタムは。

今までで1番足に合うストックブーツ。買っちゃう?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブーツはその195で決定。フレームは110で決定。ウィールは未定(多分100)。実行予算も未定(爆)。

お返事が遅れてすいません

メールのお返事が送れて申し訳ございません。
メールでは、土踏まずを低く‥とありましたが、多分カスタムのインソールを入れてアーチをつけたほうがいいような気がします。
schankelをヒートして、ある程度広げる事は可能ですが、土踏まず付近をさらに低くするのは、ちょっと難しいですね。
SMTが効くボントでも、底面の土台に近づくとヒートが効きにくくなります。

カスタムの軸がずれると言う感覚ですが、特に足の形が曲がっている方が良く感じますね。フレームのセッティングも非常に悩みます。
でも、足が曲がっている=ストックブーツが痛くて合わないという矛盾も抱えています‥


一つの解決策としてSMTができるブーツで、セミカスタムにして足裏トレースを取ります。さらに薄めのカスタムインソールを入れるといいかもしれません。
インソールに関しては、好き嫌いがあります。
僕は薄くて堅いインソールが好きですが、弟はインソールを入れるとダメみたいです。
僕もちょっとでも厚いとダメですね。。

もっと大幅に痛みにくくなる仕様にするには、大き目のブーツにする事です。例えば靴下2,3枚重ねにして、カスタムを作ったり、大きめにトレースを取ってセミカスタムにする方法です。
ただ、ゆるくなる分、遊びができてしまうので選手的な考えには向きません。
ガチな考えになればなるほど、ある程度痛くてもキツいブーツを好むようになります。
ただ、痛ければ練習できないので、快適にしたほうが練習量も増え、結果記録が上がる可能性も高いです。


100mmに関してですが、これにしたら絶対速くなるというモノは存在しない‥というのは僕の持論ですが、現在いさ2さんが使用しておられる1084に悪い印象が無ければ、104でもある程度早く使いこなせると思います。1084で違和感がある場合は厳しいかもしれません。
最近では、ジュニア選手も100mmを使用するようになり、うちの龍司や、恵那でレクストンを買った小学生が、買ってすぐに100mmを使っていい滑りを見せています。
体重があると100に変えてすぐにでも使いこなせる傾向がありますね。
ちなみに僕が最初に104を使ったときは、見た目と違い意外と簡単という感じがしました。


>のぐのぐ(復活中・・・)さん
おお。ついに決定ですか!
ウィールも110mmにチャレンジしてみては?
長良川初のオール110mmですよ。

>kazax大翼さん
お返事ありがとうございます。
インソール入れたりブーツを大きめにしたりはしたくないのでカスタムが一番理想みたいですね。
足もO脚で軸がずれてるかもしれませんし。
1084で鍛えなおすのも手ですね。

性能をとるか、快適をとるか、、


最近はSMTやらカスタムやらで大分楽になりましたが、ちょっと前までは「靴に足を合わせろ!」と言われて、スピードブーツを使用していました(笑)
僕も含めて、当時は6割ほどの選手が、こりゃヤバいだろう‥という足の腫れを持っていました。足の形がかなり変形しました。カスタムを作って大分元に戻りましたが、成長期段階で崩してしまった子は、大人になっても治りませんでした。ソウタがそうでした。
なので、レーシングは選手も少なく、コアな方々だけの世界だったのですが、最近レーシングに興味をもたれる方が増えたのは、靴の快適さがアップしたからと思われます。

足が腫れて、変な偏平足になってしまったカズヤは、自分の足型どおりの靴だと、プッシュが弱く感じるそうです。
カスタムブーツはもちろん、SMTをしても、わざと引っ込めてあたりをつけます。
引っ込めた分は、やはり痛みがきます。でも、それを我慢してでも、快適さをなくしてもスピードをとります。

アイススケートのカスタム職人さんの中にも、足型を採った後、わざと小指の部分を削る場合があるそうです。
きつくなりますが、全く遊びがない靴が出来上がります。

逆に、僕のような長距離選手は、若干遊びが欲しいです。
42km滑ってる途中で、足が痛くて我慢できないというのは、ちょっと困りますからね‥
カスタムブーツを作っても、少しだけスペースを作ります。
オリンピック中継を見ていたら、白幡さんも同じような事を言っていました。
でも、僕らの遊びと言っても若干なので、一般のスケーターはさらに遊びを作っても良いような気がします。

ただ、スケート靴は好みが非常に別れる分野なので、誰かが良いと言っている仕様が、自分に合うとは限らないのです‥
その点、シャンケル靴は、初級から上級まで合う万人向けの靴と言えると思います。

痛いと滑れないのでわざと当たりをつけるという考えはなかったです。
気持ちよく滑れないと続きませんからね。
性能をとるか、快適をとるかと言われれば今の僕は快適を取ります。
でも確かにユルユルのブーツよりはきつめのブーツの方がプッシュ出来てる気がします。
ストックブーツってもしかしてわざと当たりを出してる!?

>>ストックブーツってもしかしてわざと当たりを出してる!?

Bontの靴でもアイス用のストックは細めにできているので、アイス用はわざと当たりを出している可能性があります。
でも、インラインは比較的広めにできているので、どちらかというと快適の方を重視していますね。

シャンケルも高いほうのモデルは、レジェンドよりも狭いです。でも、台湾のチャンピオンクラスも快適な方を選んでいるので、きつくフィットしている方が良いとも限りません。靴だけに頼らず滑り込める方が速くなれますからね。


アイススケートは最長10000mで終わりますが、インラインは42kmが標準だったりするので、快適重視になってくるんでしょうね。
今僕が使っているショートトラック靴は、インライン気分でカスタムを採ったのですが、後悔しています。。
もっとキツめにしておけばよかった。。ショートの最長距離は3000mで、僕らにとって短距離です(笑)
貸切に限界があるため、氷に乗れる時間も1時間半程度。痛くても全然我慢できます。

参考になる話ありがとうございます。
ここを見ているレーシングブーツを買おうと思っている人も参考になってますよ。

短い距離ならきついくらいがいいみたいですが最終的には自分で判断ですね。
色々悩みますね。

リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。