スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER AGURI

SUPER AGURIが財政難でF1を撤退した件は、Honda Racing F1のCEOニック・フライによって妨害されたとフランツ・ジョセフ・ワイグル氏が非難している。

6日(火)、リーフィールドに拠点を持つSUPER AGURIの撤退発表が行われ、イスタンブールでチームのトランスポーターが締め出されたことやワイグル社との一部買収契約が却下されたことなどを含むフライの介入に対して、代表の鈴木亜久里は厳しい表情を見せていた。

ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』は、「もう終わってしまった。政治が勝ったんだ。惨めで残念なことだ」と語ったワイグル氏のコメントを掲載。

さらにワイグル氏はフライが介入してきたことについて嫌悪感を露にしている。

「ニック・フライはできることは全てやった。だから私たちの契約は成立しなかった」と述べた。

そしてSUPER AGURI関係者との初期交渉は今年の1月に始まっていたことも明らかにした。

「だが残念なことにフライ氏と(マグマグループ代表)リーチ氏が妨害したんだ」と契約不成立の背景を語っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。